ハーブティーはダイエットに向いている飲み物?その効果は?

q44503247ダイエット中は、食事制限や停滞期などのストレスでイライラしがちです。特に女性にとって、生理前後は突然甘いものやジャンキーなものが食べたくなり、食欲をコントロールするのが難しい時期でもあります。そんな時におすすめしたいのが、ハーブティーです。

スーパーで手軽に買えるものから、フレッシュなハーブで煮出す本格的なハーブティーまでその種類はさまざまです。
ハーブ自体の持つ効能など、いろんな組み合わせで楽しめるのがハーブティーの特徴です。ノンカフェインなので夜でも飲みやすく、リラックスするのに適しています。ダイエット中に甘いものがほしくなった時は、ハーブティーにハチミツを入れてゆっくり飲むのが効果的です。

ダイエット効果の期待できるハーブは、食欲を抑える働きをする「フェンネル」、新陳代謝を高める「レモングラス」、むくみの解消に効果があると言われている「ネトル」などがあります。これらのハーブをブレンドしたハーブティーを毎日の生活に取り入れれば、停滞しているダイエットの改善に役立つかもしれません。

ダイエット効果の期待できるハーブだけではなく、お好きなハーブティーでリラックスするだけでもストレス緩和につながり、つらいダイエットの助けとなってくれます。リラックスや生理痛の緩和にも効果が期待できるハーブは、「カモミール」「セージ」「オレガノ」など、だれでも一度は聞いたことのある名前が並びます。

ハーブは比較的簡単に自宅での栽培が可能です。観葉植物として育て、フレッシュハーブティーとして楽しむのもおすすめです。ハーブを摘むと香りがパッと広がり、それだけでもリラックスできますよ。ダイエット中のお料理にもハーブは活躍します。香りづけに加えることで、満足感が増しシンプルな味付けでおいしくいただけるので、カロリーオフにつながります。食べても育ててもおいしいハーブの力を手軽に楽しめるハーブティーで、ダイエット生活をもっと豊かにしてみませんか。

置き換えダイエットで定番のリゾット、おかゆって痩せるわけ?

q44509271ダイエットでリゾットを日常の食卓で置き換えダイエットで1つのメニューと置き換えるのに適した料理の1つがリゾットです。リゾットは言ってみれば洋風のおかゆであり、ヘルシーでかつ最近は様々な味があることもあって、とても人気が高い商品の1つとなっています。

洋風ということもあって特に現代の若者にとっては普通の雑炊やおかゆよりもとっつきやすい料理なのではないかと思います。ダイエット用のリゾットは様々な種類のものが多くの業者から発売されていますが、特に今口コミでも人気が高いのがアマノフーズから発売されている「粒こんにゃく入りトマトリゾット」です。

トマトの酸味をチーズでまろやかに仕上げているとても濃厚かつ本格的なリゾットです。こういった言葉を聞くととてもカロリーが高いんじゃないのかと心配してしまいがちですが、この粒こんにゃく入りトマトリゾットは粉こんにゃくと押し麦が入っていて少ない量でも満腹感が味わえるようになっている上にとてもヘルシーでカロリーは80キロカロリー以下に抑えられているんです。

粉こんにゃくは名前の通り粒状のこんにゃくなのでご飯と混ぜても見た目にも味にも違和感が一切感じること無いですし、押し麦の満足感でダイエット食ならではの物足りなさや無機質感を感じることがありません。そして、化学調味料は無添加で仕上げてあるので食事の安全を特に気にかけている人でも安心して食べられると思います。

また、この商品はお湯を注ぐだけで作れるのでとってもお手軽なのも魅力的です。フリーズドライなので素材の色・栄養成分はそのままですし、常温でも長期保存が可能です。それにトマトは美容にも非常に効果の高い野菜ですし、是非とも取り入れてみてはいかがでしょうか。

他にも沢山のダイエット用のリゾットは存在しています。そのどれも味に工夫がされ、かつヘルシーで毎日の置き換えダイエットが続けやすくなるように製造されています。是非ダイエットに取り入れてみてください。

痩せるなら筋肉をつけると早い!筋トレダイエット

q44519361体に脂肪がつくメカニズムは、1日に摂取可能なカロリーを超えて食事をしている為、エネルギーとして消化されなかったものが脂肪として体に残ります。この脂肪を落とそうとして人々は様々なダイエットに挑戦している訳ですが、一番効果的な方法はずばり筋肉をつけることです。なぜ筋肉をつけることがダイエットに繋がるのか、また筋肉をつける為にはどんな事をすべきなのかを解説していきたいと思います。
まず、筋肉をつけることがダイエットになるメカニズムですが、それは冒頭に説明した摂取カロリーと消費カロリーに秘密があります。人間は運動など何もしていない状態でも生きているだけでカロリーが消費されます。それは、体温を保ったり、臓器などの身体の器官を動かす為にエネルギーを使うからです。これを基礎代謝といいます。

基礎代謝は性別や年齢によっても変わってきますが、身長や体重、また筋肉量によっても違いがあります。筋肉量が多い程、基礎代謝は高くなり1日で消費されるカロリーが増えるというメカニズムです。その為、筋肉をつけてさえしまえば激しい運動をしなくても今よりも太りにくい体にすることができるというわけです。
それでは、効果的に筋肉をつけるにはどうすればいいのでしょうか。まずは、体積の多い部位を選んでトレーニングをしていきましょう。目的は筋肉量なので二の腕を鍛えるよりも腹筋を鍛えた方が大きな筋肉になる可能性が高いということです。そう考えると腹筋、背筋、スクワットあたりが効果的なトレーニングと言えるでしょう。

トレーニングのやり方にも注意点は色々とあるのですが、一番気にして欲しいのがスピードです。筋トレは回数をこなす事が目標ではありません。目標を立てることはもちろん良いことではありますが、回数をこなす事に一生懸命にならないように気をつけましょう。

鍛えたい筋肉を意識してしっかり負荷がかかるようにトレーニングを行います。素早く100回の腹筋をするよりもゆっくりしたスピードで10回やった方が効果が出る場合もあります。
続けることは難しい事で、すぐに投げ出してしまうことも多いと思います。そんな時は痩せた時の自分の姿を思い描いて筋トレに集中すれば、おのずと痩せていくに違いありません。